スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙に行こう

衆議院が解散され総選挙となります。
消費税、憲法問題、基地問題、外交問題、医療・福祉、教育、etc...
様々な政治課題が争点となるのでしょう。
どのような政策を候補者が掲げるのか、できるだけ吟味して誰に国政を担ってもらうのかを考えたいです。

さて、選挙のたびに指摘されることに、若年層の低投票率があります。
実際に、世代別の投票率を見ると、特に20代、30代の投票率が低いことがわかります。
衆議院議員総選挙年代別投票率の推移
もともとこれらの世代の有権者数は他の世代に比べて少ないので、実際に投じられている票数は投票率の違い以上に少なくなることになります。

我が国は子育てにお金をかけない国だ、と言われます。
〈参考〉
「諸外国の子育て支援の取り組み」
「新しい子ども・子育て支援制度について(内閣府)」

でも、先の投票率を勘案すると、やむを得ないのかも知れません。
子育て世代の中心となる20代、30代、40代と投票率が低く票数も少ないのですから、これらの世代の要求が施策に反映されるというのは考えにくいですよね。

政治は、国民から集めた税金を再配分する、という機能を持ちます。
この再配分機能が適切に働くことで、様々な格差が是正されることを期待できます。
再配分先は再配分を必要とする分野になるわけですが、「この分野に再配分してくれ」という要求を国民の声により政治に伝えていく必要があります。
声を伝える方法は、請願や陳情であったり、メディアを通じて世間に訴えたり、啓発活動を通じて多くの方に知ってもらったりと、様々です。
そして投票行動、すなわち「選挙に行く」ことも、大きな手段の一つです。
若年層の投票率が低い、ということは、この「この分野に再配分してくれ」の要求を伝える重要な機会を自ら放棄していることといえます。

私が陳情などをする際にしばしば言われるのが、「子育て支援は票にならないんだよね…」というものです。
政治家の方々も、我が国の子育て支援の実情は重々承知であり、何とかしなくてはと考えている方も少なくありません。
しかし、その分野で活動しても、実際には選挙時の得票数にはつながらない、結果として選挙で落選してしまう…。
実際に、予防接種法改正を始め、子育て分野に多大な尽力をされた議員の方が、選挙で苦戦する姿を何度も見てきています。

子育て支援に取り組めば、選挙でも勝てる!!
そんな状況を作り出すことができれば、先の「子育てにお金をかけない国」という姿も変えることができるのではないでしょうか。
政治は、自分たちの生活、子育てなどとは遠い世界だ、と感じているとしたら、そのような状況を生み出しているのは私たち子育て世代の「低投票率」なのかもしれません。
「国」や「政治」が、私たち国民や有権者と無縁に存在するわけではありません。
私たちの行動の結果が、「国」であり「政治」なのです。

自分たちのためにも、子どもたちのためにも、ぜひとも「+Action!」選挙に行きましょう!

・・・・この記事は、高畑が「ムコネットTwinkle Days 命耀ける毎日 稀少難病と向き合う患者家族と理解者たちの輪番日記」に投稿したブログ記事を編集したものです。
スポンサーサイト

風疹対策と、田村大臣発言と、日本版ACIPと

私も輪番の担当の一人として記事を書かせていただいている、「ムコネットTwinkle Days 命耀ける毎日」に、「風疹の流行とワクチンギャップ」という記事を書かせていただきました。

記事の最後で紹介したように、7月4日(木)に、都心のオフィス街でパレードを行います。
港区六本木の三河台公園に10:30集合です。
神戸大学の岩田健太郎先生が、ご自身のブログで「小さいことでも、できることからやりましょう。田村発言と風疹について」と、行動を呼びかけてくださっています。
岩田先生のように意見を要職に送るもよし、ワクチンパレードに参加するもよし、風疹ワクチンの接種を自ら受けるもよし、風疹の流行に係る情報が掲載されているサイトを知り合いや同僚の方に教えるもよし、懇親の席でさりげなく話題にするもよし、一人一人が自分でできることに取り組むことで、大きな動きが結果として出来上がるのだと思います。
いつ行動するの、今でしょ!です。

さて、風疹対策について、田村憲久厚生労働大臣が記者会見で厚生労働省の見解を述べられています。
田村大臣閣議後記者会見概要

すごく悲しいというか、ショックというか…。
あまりにも私の思い描くものと異なります。

現在の厚生労働省の風疹対策は、
・サイトやポスター、チラシなどで接種を呼びかける
・ワクチン不足が予想されるため、接種対象者を厳選するように都道府県等に「お願い」の文書を送付
・他の疾病の発生に対しても特段の緊急対策をとっていないこととのバランスから、風疹についても、現状以上の対策をとらない
という内容になっています。

この中で、大いに疑問を抱くのが2,3点目です。
1点目は予防接種法の目的に基づけば、自ずととられるであろう策ですが、2,3点目はいくつか考えられる対策の中から、何らかの「判断」により選択されたものとなります。
この「判断」は、一体、いつ誰が下したのでしょうか。

今年の4月1日から試行されている改正予防接種法では、米国のACIPのような役割を担う機関として、「予防接種・ワクチン分科会」を位置付けています。
この分科会で、予防接種施策に係る評価・検討を行い、それに基づき政策判断がなされ、政府・行政が実行する、となるのです。
ところが、この3カ月の間に開催された予防接種・ワクチン分科会とその部会において、風疹対策については殆ど(というか、全く)議論されていません。
すなわち、法に基づき設置した評価・検討組織で議論していない事柄について、どこかで誰かが「判断」を下し、厚生労働省を代表して大臣が披露した、ということなのです。

ワクチンが不足しそうだ、といのなら、ワクチンを確保するという策もあります。
確保が難しいという結論なら、今あるワクチンを最大限に活用する方法を考えるわけですが、その際にも優先順位をつけるのかどうか、つけるならどのような考え方で割り振るのか、という点でいくつかの案が生じます。
疾病の流行を阻止できず、その結果、ワクチンで防ぐことのできる疾病(VPD:Vaccine Preventable Diseases)による健康被害が生じている、という疾病が複数あるのなら、どの疾病にどの程度のリソースを割いて対応するのか、について、いくつもの議論が生じる筈です。
そのようないくつかの想定の中で、何故、今回の厚生労働省の見解が生じたのか、どのような議論と判断が、いつどこでなされたのか、全くもって不透明ですし理解できません。

現在、積極的な勧奨を差し控える扱いとなっているHPVワクチンについても、そもそも、予防接種部会の議論において、何ら話しあってこなかった「任意接種の段階での公費助成」という、一体いつどこでだれがどのような議論に基づき決定したのかわからない結論だけが突然提示され、予防接種部会から大ブーイングが起きたことは、厚生労働省自身が経験していることです。
その際にも、「やはりACIPのような評価・検討組織が必要だ」ということになり、今回の予防接種法改正に盛り込まれたはず。
なのに、全く同じ轍を踏むというのは、理解に苦しみます。

今後開かれる予防接種・ワクチン分科会の親会議と部会で、速やかに議論し意思決定すべき事案であり、その内容に沿って厚生労働省は政策を遂行する、これが法の順守です。
大臣が会見で示した見解は、あくまでも正規の手続きを経ていないものであり、評価・検討組織の意思決定を受け、速やかに撤回し、国民の想いに沿った施策を遂行すべきです。

HPVワクチンの積極的勧奨の中止に関して

昨日の予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会と薬事食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会の合同会議で、HPVワクチンの積極的勧奨を差し控えることが決定されました。
昨夜より多くのメディアがこの事を報じていますが、「積極的な勧奨の中止」を国民がどう受け止めるのか、その結果としてどのような行動変容が起きるのか、注目していかなければならないと思っています。

今回の決定については、評価が難しいなというのが正直なところです。
余りにも様々な事柄が絡み合うものですから、単純に良かった、悪かった、という評価はしにくいです。
ただし、今回の決定に至った議論と結論に持たせた意味を踏まえて行動していくことが関係するすべての人たちに求められますし、これからの取り組み、行動が、今回の決定についての評価を大きく左右するものと思われます。
評価はその段階でなされるべきものではないかな。

今回のHPVワクチンにかかる件は、我が国の予防接種制度にかかる意思決定プロセスの拙さ、各種サーベイランスの不十分さ、国民の予防接種や医療、科学といったものに対する理解不足等がもたらした事柄だと考えています。
もちろん、誰が悪いとかいうものではなく、まさに今、それらの改善を進行形で進めている中で生じてしまったことであります。

4月1日から改正された予防接種法についての議論を中心に進めていた予防接種部会においても、HPVワクチンの取扱いについては混乱がありました。
私も過去にMRICに拙文を投稿し、公費助成にかかる意思決定について、少し嫌味な意見を表明しましたが、
http://medg.jp/mt/2010/09/vol-276.html
今回のような事態は、起こるべくして起きたと言えるかもしれませんし、その遠因はその時に指摘した理不尽さにあるのではないでしょうか。
繰り返してはいけないことのひとつだと思います。

昨日の会議で重視されたように、接種後に健康被害を生じた事例が報告され、そのうち今も回復に至っていない事例があるという事実、そしてそれらの健康被害がワクチンの承認や定期接種化に至る議論の中で殆ど想定されていなかった事態であること、現時点では因果関係の有り無し含めて「わからない」ということが多いと考えられること、などは決して看過すべきものではないでしょう。
選挙区的勧奨が中止されている期間に、これらの課題にどのように対処していくのかが重要です。

予防接種には常にリスクが伴います。
それは、接種するリスクと接種しないリスク、言い換えれば副反応・副作用と、疾病罹患というリスクです。
しばし、リスクとベネフィットの比較とされがちですが、ベネフィットはとらなければ「ゼロ」に過ぎません。
ゼロなら誰もが受け入れやすいのですが、ゼロは無いんですよ、本当は。
一方のリスクをゼロにするなら、もう一方のリスクを受け入れざるを得ない、だからリスクはゼロにはなりません。
昨日の会議の最中、健康被害を生じた方々のことと、予防接種で防げた可能性が高い疾病に罹患した方々のことと、双方のことが頭の中にありました。
果たして機能の議論は、その双方をきちんと意識下において意思決定なされたのか、私は少々疑問を感じています。
そのことで結果が変わったかといえば、そうは思いません。
しかし、そのことを意識しているか否かは、これから先の行動に強く影響します。先にのべたように、今回の決定にかかる評価は、今後の行動如何で変わるものです。
後々、「あの決定は間違いだった」とだけは絶対にして欲しくない、してはいけません。
今回の結論が今後のより良い予防接種環境に資するものであったとなることを強く強く期待します。

最後に、昨日の会議の傍聴は一種、異様な雰囲気でした。
今までには例が無い指定席制度、傍聴者の立入禁止エリアの設定等、前回の会議の最後に起きた出来事への対応策がなされていました。
耳に入ってくる会話も、「推進派」とか「反対派」とか、委員個人への誹謗とか、従来の傍聴経験ではあまり聞いたことが無い会話が多く聞かれました。
こういったことは、すごく頭にきますし、やめていただきたい。
私は予防接種部会時代から傍聴し続けてきました。細菌性髄膜炎から子どもたちを守るワクチンの早期定期接種化をはじめ、予防接種制度の改善を強く求めていたからですが、議論の過程でも決定された事柄でも、大きな失望を抱いたり憤りを感じたりすることは決して少なくありませんでした。
思わず声を上げたくなる気持ちはわかります。
特に、自らがラグ被害や副作用・副反応被害に遭われた方やそのご家族であれば、尚更ですし、そのような方々が思わず感情を発露してしまっても、私はそのことをとがめる気持ちは無いです。
しかし、前回、そして今回と、そうした当事者やご家族では無い人が、場の雰囲気に好ましくない影響を及ぼしたようです。
子どもたちのために、ラグ被害も副作用・副反応被害も可能な限りゼロに近づけて行きたい、どうしても避けられなかったリスクについては速やかな対応による救済を実現していきたい、ということを考えるなら、敵対関係を煽り、当事者を中傷し、委員や事務方を恫喝まがいの行為で委縮させる行為は絶対に避けなければいけない行為です。
真剣に取り組む気持ちと覚悟があるなら、二度とこのような行為は繰り返して欲しくないです。

予防接種に伴う二つのリスク、そのリスクと向き合う上では、推進派も反対派も無いんです。
今回の決定を受けて、二つのリスクに最大公約数で向き合う取り組みがなされることを心から望むものです。

これからのイクメントークショー&新米ママのための予防接種セミナー

5月25日、26日と、2日続けてお話をさせていただく貴重な時間を得ました。

5月25日は、NPO法人仕事と子育てカウンセリングセンター主催の「これからのイクメンセミナー」です。
当日は司会に辛坊治郎さん、パネリストとして主催団体の理事でもある渥美由喜(あつみなおき)さん、認定NPO法人フローレンス代表理事の駒崎弘樹(こまざきひろき)さん、参議院議員の梅村聡さん、そして私というメンバーで、「イクメン」をテーマにトーク&ディスカッションを行いました。

当日の様子を、「ムコネットTwinkle Days 命耀ける毎日」で中井まりさんがレポートしてくださっています。

トーク&ディスカッションでは、育児の中でも重要な要素のひとつである「予防接種」の話題で大きく盛り上がりました。
ワクチン後進国と揶揄される状態が長らく続いた我が国。
どうしたら改善できるのか?子育て世代の声をどうしたら国や地方自治体の施策に反映させることができるのか。
育児に参加して知ったこと、感じたこと、それらをもとに考えた結論を行動に移す、「+Action」の必要性を皆さんで共有できたのではないでしょうか。
渥美さんも駒崎さんも、厚生労働省で「イクメンプロジェクト」推進委員を務められており、その他にも内閣府等での民間人としてお仕事をされた経験をお持ちです。
政策を策定し推進する立場としての経験を積まれてきたお二人。
それぞれの経験からのアドバイスは、私にとってもとても参考になるものばかりでした。
そこに立法府の立場にある梅村さんが加わっているのですから、お話しは非常に現実味を帯びたものになります。
facebookからでもホームページからでも、どんどんと有権者の声を寄せて欲しい、という梅村さん。
私たちが気軽にできるアクションのひとつです。
そのアクションが決して無駄では無く、寧ろ、議員の方々にとってはとても貴重な情報であり後押しであり、という実態を伺えました。

辛坊さんとははじめてご一緒させていただきましたが、控室に入られるところからセミナーを終えて変えられるところまで、テレビで見るまんま、明るく真摯で謙虚な姿勢でした。
とても気持ち良くご一緒させていただける方です。
驚いたのは、打ち合わせは当日の本番前の1時間弱、それも進め方が主なもので、内容に関しては殆ど事前の協議等していないにもかかわらず、それぞれのスピーカーの活動や特色等をきちんと理解された上で、要点を的確に押さえた質問等でトークをより実りあるものにしてくださったこと。
多忙な中、いつ、どこで、これらの下準備をされてきたのか!!正直なところ、とても驚きました。
これぞ真のプロフェッショナルなのでしょうね。

辛坊さんは太平洋横断のブラインドセーリングに挑戦されます。
この準備で大忙しの中、今回のトークショーの司会を引き受けてくださったこと自体、驚きだったのですが…。
改めて、感謝感謝です。
セーリングの成功を心よりお祈り申し上げます。

翌26日は、横浜市で「新米ママのための予防接種セミナーin横浜」に参加しました。
これはベネッセさんとサノフィ・パスツールさんの共催です。
今回は福岡歯科大学医科歯科総合病院小児科学分野教授の岡田賢司先生がメイン講師を務めてくださいました。
岡田先生から予防接種全般のお話をいただいた後、私の経験とメッセージをお伝えして、地元の小児科医の先生方との懇談会、というスケジュールです。

岡田先生のお話しは予防接種で防ぐことのできる疾病について、より理解を深められる内容でした。
みずぼうそう、おたふく、細菌性髄膜炎、何となく「理解した」つもりになっているこれらの疾病の本当のリスクを改めて学ぶことができたと思います。
また、ワクチンとは、予防接種は、というそもそものお話を、これらの歴史とともに解説していただきました。
教科書にパスツールやジェンナーが載っていた時代とは異なり、私たちはパスツールなんて聞いたことも無い、予防接種が果たした公衆衛生上の大きな役割も、何となく遠い過去の話しのように感じてしまいがちです。
今回、セミナーに参加されたのは殆どが私よりも更に若い世代のパパ、ママたち。
なかなか得られない学習の機会に、岡田先生のお話しから多くのことを学べたのではないかと思います。

懇談会セッションでは、地元の小児科医として愛育こどもクリニック院長の門井伸曉先生、さいとう小児科院長の斎藤綾子先生、住田こどもクリニック院長の住田裕子先生、中野こどもクリニック院長の中野康伸先生、下永谷こどもクリニック院長の半澤典生先生が、参加者のテーブルに一人ずつつき、日頃の診療室では他の患者さんの診察の時間を割いてしまうんじゃないか、等と遠慮してなかなか質問できないような事柄を、ざっくばらんにぶつけ、回答をいただくことができました。
さすがにセミナーに参加されるママ、パパだけあって、事前に勉強されている方も多く、皆真剣そのもの。
そして、普段着の先生たちがいつもよりも身近に感じられることもあり、予定の時間を過ぎても、先生方とママ、パパの交流は続いていました。

2日間のセミナーは、イクメンと予防接種という、近いけれどもちょっと重きが違うテーマでの開催でしたが、どちらもママやパパにとっては等身大の話しです。
毎年、新たなママ、パパが誕生しています。
はじめての育児、子育て、そして予防接種、どれも期待と不安と疑問と試行錯誤が入り混じることと思います。
このような機会に少しでも新米ママ、パパの参考になる情報を提供できて、少しだけでも育児や子育て、予防接種の負担を軽減できたら、そして楽しく感じていただけたら幸いです。
さらに、知り、考え、そして行動する、「+Action」が増えてくれたらなと思っております。


予防接種法が改正され、細菌性髄膜炎から子どもたちを守るワクチンが定期接種化されました

去る3月29日、参議院で予防接種法を改正する法律案が賛成多数で可決され、予防接種法が4月1日より改正されることとなりました。
改正法では、ヒブ、小児用肺炎球菌、HPV(ヒトパピローマウイルス)の3つの感染症が新たに定期接種とされました。
細菌性髄膜炎から子どもたちを守るワクチンの定期接種化を求める活動に身を投じてから早5年程、やっと、やっと、念願叶い定期接種化となりました。
この間、ご指導、ご支援いただいた多くの皆様に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

私の長男がヒブによる細菌性髄膜炎に罹患し、生死の淵を彷徨ったのが2004年の9月のこと。
その後、ヒブによる細菌性髄膜炎はヒブワクチンで予防できる事、他の多くの国々では当時、既に全ての子どもたちが無料でヒブワクチンの接種を受けられる状況にあったことを知り、愕然としました。
私の息子は運悪く細菌性髄膜炎に罹患しつらい思いをしたのでは無く、私たち大人の不作為により、防げる可能性が極めて高かったヒブによる細菌性髄膜炎から守ってあげられなかったのだと。

あの時の私自身の後悔は、30数年の人生の中で、最大のものでした。
誰かがどこかでちゃんと考えてやってくれている、お上に任せておけば大概の事はきちんと進められている、そんな甘えと無責任にどっぷり慣れてしまっていた自分の愚かさ。
人任せ、悪しきパターナリズム。
自分が今を過ごしているこの社会は、先達たちの弛まぬ努力により今の姿を構築しているのであって、決してどこかの誰かが作ってくれるなんていう都合のよいものでは無いんですよね。
私は恥ずかしながら、息子をVPD(Vaccine Preventable Disease:ワクチンで防ぐことのできる疾病)に罹患させ、命の危険に晒すまで、そんな当たり前のことに気付かずに過ごしていたのです。

「我が国の予防接種は不十分な状況にある」

そのことを知った以上、この国に暮らす一人の大人として、改善のために行動しなければならない。
自分の後悔をこれ以上繰り返して欲しく無いという気持ちから、予防接種制度の改善を求める行動に身を投じました。

活動を通じ、多くのことを学びました。
予防接種制度が遅れていることの指摘と改善策の提示は、政治の場でも行政の場でも行われていました。
感染症や小児科領域の医療専門職からは、再三に渡る改善を求める声が挙がっていました。
何の事は無い、既に気が付いている人は気が付き、行動を起こしていたのです。
私が依存していた「どこかで誰かが何とかしてくれる」という甘い考え、その「どこかの誰か」は既に行動を起こしていたのです。
しかし、我が国は民主主義の国であり、一部のエリートに全てを委ねる国ではありません。
我々有権者が、自らの意思を行動で示さなければ、どんなに一部の「誰か」が声を挙げ行動を起こしても変わらないのです。
そのため、学習会、署名活動、メディアへの投稿、パレード、ロビーング、etc...と様々な行動を起こし、多くの有権者のみなさんに問題意識を共有していただき、行動していただけるように、啓発活動等に取り組んできました。

幸いなことに、「脱・ワクチン後進国」「ワクチンギャップ解消」を求める取り組みの新参者である私たちを、多くの先達たちは快く受け入れてくださり、更には多くの助言と協力を惜しまず提供してくださいました。
大小問わず様々な学習会・セミナーで私たちの想いを披露する場を与えてくださり、多くのメディアでは私たちの声と行動を伝えてくださり、時には厚生労働省の検討会の場で発言の機会を確保してくださり、そしてそれらの行動を通じて我が国の予防接種の現状を知った多くの有権者の方々が、私たちの行動を後押しし、そして共に行動してくださいました。

その結果が、この4月1日からの予防接種法改正につながったのです。
本当に素晴らしいことですし、多くの皆様に感謝して止みません。

予防接種法改正は、我が国の予防接種制度を改善するための大きな一歩です。
そして、この歩みを止めること無く、更なる改善を重ね、子どもたちをVPDから守ることができる社会になっていかなければなりません。
衆参両厚生労働委員会ではそのことを念頭に、予防接種部会で定期接種化が必要とされている4つのワクチンと、新たに定期接種化が期待されるロタウイルスワクチンの定期接種化についても早期に結論を出すこと、日本版ACIPと言うべき評価検討組織の構築を進めること、接種後の有害事象に対する補償制度の充実を図ること等を盛り込んだ附帯決議が確認されたと伺っています。
全くもって同感です。
これら残された課題を一つ一つ迅速に解決していく必要があり、そのためには私たち有権者も引き続き関心を持ち、考え、行動していかなければなりません。

予防接種の改善を求める行動を通じて、同様に私たちが知り、考え、そして行動しなければならない課題が、とりわけ小児を取り巻く分野に数多く存在することを知りました。
そのような問題意識と行動を共有できた仲間たちとともに、今回の予防接種法改正に際し要望書を提出し、関係議員の皆様に子どもたちを守る社会の為に必要な議論と判断をお願いしてきました。
法が可決されましたので、併せてご報告申し上げます。
今回の予防接種法改正の経験を活かし、子どもたちを取り巻く環境がより良いものとなるように、そして次の世代に少しでも改善した社会を残せるように、+Action for Childoren は活動を重ねていく所存です。

これまでの取り組みへのご指導とご支援に、重ね重ね感謝申し上げるとともに、今後の活動においても引き続きのご指導・ご支援を賜りますよう、宜しくお願いいたします。
プロフィール

+afc

Author:+afc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Donation(寄付)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。