本当のハラスメント対策

こんにちは、Plus Action for Children の高畑です。

パワハラ、セクハラ、アカハラ等、ハラスメントに係る話題が飛び交う昨今。
先日も、レスリング界でのパワハラ問題で、有力大学の監督が急転直下、退任となりました。
当人が退任前の開いた記者会見で、パワハラだという自覚が無かったこと、コミュニケーション上の問題だという認識でいることなどが述べられ、そのことへの批判がSNSなどで飛び交ったりもしました。
何らかのハラスメント→初期対応の誤り→炎上→何らかの処分(処罰)、といった流れが繰り返されているように思えます。

そんな時世において、組織内のハラスメント対策、とりわけパワハラの加害者になりやすいと思われる管理職の「ハラスメント対策」の講習等が盛んなようです。
先日もある企業の管理職の方とお話ししていた時に、やはりこうした事例はハラスメントに当たる、等の勉強などは組織として幹部職員になされているということを伺いました。
その際、「セクハラは特に難しいです」とのお話がありました。
女性職員の方が髪を切ってきた、そのことに触れる(「髪切ったんだね、似合うよ」)等も受け手によってはセクハラになり得る、という指摘があったのだそうです。
その話の際に、同席していた他の方から「切ったことを知りながら無視しても、セクハラになることもあるかも」という指摘があり、「うーん、振れても振れなくてもセクハラになる可能性があるって、難しい」となったのですが。

ハラスメントは受け手が嫌だ、不快だと感じることが前提ですから、加害者側が意図せずにハラスメントになっている、という事態はある意味で起きても不思議ではない構造です。
そのため、「こうした発言は○○ハラスメントになる」といった事例等を学びながら、そうした具体例を避けながらコミュニケーションを図る、そんなハラスメント対策が講じられているのだと思います。
共通化できるような、明確なハラスメントはあると思います。
暴力的な言葉、卑猥な言葉、行動、所作、そうしたものは日常のコミュニケーションには不要ですし、敢えて使う必要もないですから、そうした具体例を避けることは有効な対策になり得るでしょう。

一方、同じ表現、行動等でも、それ単体が持つ意味だけではなく、当事者の関係性や感情が加味されて、ハラスメントとなるものもあります。
というか、寧ろそうしたものの方が多いのかもしれません。
こうした事例について、当事者間の関係や感情などを切り離して、結果としてハラスメントとなった言葉や表現を「具体例」として避けることは有益ではないんじゃないかな、と思っています。
有益ではないというよりは、本当の対策ではない、対策としてはずれている、という方が良いのかもしれません。

最初の方で触れた「髪の毛を切ったこと」への対応も、髪の毛を切ったことに言及するかどうかではなく、そうした会話がなされる当事者間の関係性等がハラスメントとなるのか否かを分ける大きな要素になります。
であれば、この事例では考えるべきは「髪の毛を切ったこと」に触れるか否か、ではなく、そうしたことを話題に出来る関係性が構築されているか否か、でしょう。
こうした関係性などが影響する事例の方が多いのであれば、有効なハラスメント対策は良い関係性を構築する、ということになるのだと思います。

なんだ、そんなこと当たり前じゃないか、と思う方も居るでしょう。
しかし、その「当たり前のこと」が「当たり前じゃない」から、ハラスメントとして受け止められるのではないでしょうか。
「当たり前」と思っていた、その何でも言える関係性だと思っていたものが、実は相手の忍耐と寛容でハラスメントを黙認されていた、看過してもらえていた関係性だったことに気づけるのかどうか、ということなのかなと思います。
そういう意味では、冒頭のレスリングの監督は、とても正直な心境を会見で話されたのだと思いますし、そして自分が気付かずにハラスメントを働いていたことについて、今でも何故なのかという本質に気づけていないのだとも思います。

セクハラもパワハラも、対等な力関係の中では余り起きにくいものです。
立場の違い、強いものと弱いものが居て、弱い立場の人間の我慢と寛容でハラスメントが黙認される、その我慢と寛容の限界を超えた時に、ハラスメント問題として顕在化するのだと思います。
多くの組織の中には上下関係、強弱関係が存在します。
これは会社等の職場だけではなく、教育の場、スポーツの場、家庭内でもあります。
強い立場の人間のハラスメントを弱いものが受け、耐え続ける。
強い立場の人間は、その我慢と寛容に気づかず、ハラスメントだと自覚しない。

会社組織の中で強い立場に立つ管理職がハラスメント対策の研修などを受ける、というのはそうした「強いもの」が加害者になりやすい構造にあるからです。
しかし、そこで学ぶことが結果としてハラスメントとなった事例のラーニングにとどまっていては構造的解決にはつながりません。
何故その表現が、行為が、ハラスメントとなってしまったのか。
その結果につながった関係性の改善、そうならない関係性の構築を学ぶことが本当の意味でのハラスメント対策につながっていくのだと思います。
スポンサーサイト

抗い声を挙げる勇気を

こんにちは、Plus Action for Children の高畑です。

連日、日大アメフト部に関するニュースが報じられ続けています。
過剰ではないかとも思えるほどの取り上げられ方にも見えますが、一部活動の不祥事ということではなく、少なくない人たちが同様の事柄を見聞きしたり経験したりしたことがあり、そうした自分の経験を投影しているから、これだけ多くの人たちが関心を持ち意見を述べているのかなと思っています。

この件では徹底的に追い詰められた若者が、越えてはいけない一線を越え、対戦相手に大けがを負わせてしまいました。
そのことを後悔し反省しているからこそ、加害者となった若者は自ら記者会見を開き真実を述べたのだと思います。
このこと自体はとても勇気がいることであり、一人の若者が背負うには余りにも重いことであり、その行為は称えられることですらあると思っています。

しかし同時に、私はやはりそこまで至る前に抗い、声を挙げてほしいと思ってしまいます。
これは今回の当事者である加害者とされる若者だけに向けて思うことではなく、自分自身を含めて、この社会に生きるすべての人に向けて願うことであります。

他者を傷つけ陥れなければ得られない利益は、得てはいけない利益ではないでしょうか。
そのような選択をしてはいけないですし、そのような選択を強いてはならないのです。
もしそのような選択を強いられたら、抗い声を挙げてほしい。
それはおかしい、と。

彼一人で声を挙げられない状況に追い詰められていたことは、報道からも部外者の私でも想像できます。
であれば、そのような状況に至る前に、当事者となる立場の皆が抗い声を挙げ状況を改善してほしい、そう願います。

看過してはいけない状況を目にして声を挙げないということは、それは被害が生じることを見て見ぬふりをした、被害を食い止めなかった、という意味で加害行為です。
声を挙げないということは被害者にも加害者にもならないということでは決してありません。

今回の件では、日大アメフト部の指導者の不適切かつ不誠実な行為、不健全な指導体制をはじめとする組織体質等が事件を引き起こした理由として取り沙汰されています。
もちろん、それは事実ですし間違いではありません。
ただし、それは改善すべき状況を看過してきたことから生じた結果でもあるわけです。
そのような指導者がそのような組織を作り上げてしまった、その原因もまた改善していかなければ、今回のような出来事はまた繰り返されてしまうのではないでしょうか。

糾弾されている指導者たちを断罪するだけで溜飲を下げ終わらせてしまうのではなく、越えてはいけない一線を越えてしまうほど若者が追い詰められてしまった状況まで至ってしまった経緯を振り返り、おかしいということについて抗い声を挙げる勇気を私たちひとりひとりが改めて持つ、そのような反省が必要なのではないかと強く感じます。

引っ越ししました(自宅です)

こんにちは、Plus Action for Children の高畑です。

先週、住み慣れた四街道市から、同じ県内の船橋市に引っ越ししました。
船橋市のみなさん、お世話になります。

様々な事情から、四街道市よりも県北方面への引っ越しが必要な状況となり、昨年末から引っ越し計画を練っておりました。
中々事が運ばず、夏ごろまでに引っ越しできなければ引っ越しは断念しよう、そう決めた3月に状況は急転。
そこから新居探しやら子どもの学校のことやらなんやらを慌ただしく進め、実質2か月ほどで事を進めました。
いやぁ、為せば成るものですね。

次男は転校を避けるため、4月から親戚の家に下宿し一足先に船橋市民となっておりました。
ようやく一月半ぶりに家族4人と7匹の猫が一緒に暮らせるようになりました。
嬉しいですね~。

まだまだ段ボールが山積みで、電子レンジは床に直置き。
そんな落ち着かない状況ですが、徐々に日常生活に戻れればと思っています。
今、一番落ち着かないのは猫たちのようですね。

3年間限定の引っ越しです(予定は未定ですが)。
その間、今までの四街道市の家は、借りていただくことになりました。
タイミングとか縁とかって不思議なめぐりあわせに恵まれることがあるもので、我が家が3月下旬に四街道の家を賃貸に出そうと決めたその日に、我が家を借りたいという借主さんに出会いました。
地域で放課後デイサービスを提供しようとされている借主さんで、我が家もそのような利用目的であればと二つ返事でお貸しすることにしました。
家が子どもたちの健やかなひと時に貢献できる場となれたら、嬉しいですね。

通学やサッカーで負担が大きくなっていた息子たちですが、引っ越しでずいぶんと負担が軽減されました。
もちろん、私たち親もです。
唯一増えたのは経済的負担、借金ですね(^^;
頑張って返していきます!!

そのような事情があったため、Plus Action for Children の活動に向ける時間も精神的・肉体的余力も不足していたため、活動を手控えておりました。
この間、病気説、メンタルヘルスに問題を抱えている説、様々な噂が流されておりました。
中には心配して直接連絡をくださった方もいらっしゃいました。
多くの皆様にご心配をおかけしました。
そしてお気遣いいただき、ありがとうございます。

こんな状況でしたので、なかなか動けずもどかしい日々でもありましたが、これから徐々に、平常運転に戻ろうと思っております。
まだまだ片付かず、やらねばならぬ手続きなども残っているので完全復帰、とはいきませんが。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

母子健康手帳をもっと活用できたら

こんにちは、Plus Action for Children の高畑です。

この4月の診療報酬改定で、初・再診料に「妊婦加算」という報酬が新設されました。
政府として妊婦さんがより安全な医療を受けられるように、妊婦さんに対する診療に加算点数を設けたということでしょう。

こうした政府の姿勢・方針は歓迎したいものですが、しかし妊婦さんの診療に加算をつけるということは、妊婦さんが窓口で支払う一部負担金も少しだけ高くなる、ということでもあります。
妊婦さんの受診に配慮したのに、何かもったいない話でもありますよね。

この妊婦加算、医師が「患者さんが妊婦である」と判断すれば算定できるという設定なのですが、母子健康手帳を交付される前ならそれでも良いのですけど、妊婦さんは医療機関に受診する際に診療科に関係なく母子健康手帳を提示する、というような仕組みにつなげられたら良いのになと思います。
妊娠中であるということもプライバシー、個人情報ではあるのですが、医療を受ける場合には母子の健康を確実に守るためにも必要な情報です。
そうした情報をしっかりと確認できるように、確実に母子健康手帳を確認できるように促せたら良いと思うのです。
母子健康手帳を提示すれば、窓口負担が無料になる、それくらいやっても良いのではないでしょうか。

医療機関に受診する場合に限らず、母子健康手帳を活用できる場面はまだまだ数多くあるのじゃないかと思います。
例えば妊婦さんが公共交通機関を利用する際、母子健康手帳を提示すれば割引が受けられるとか。
妊婦さんの経済的負担を減らすこととセットで活用出来たら面白そうですよね。

それと、母子の健康を守るための手帳ですから、子どもの入学等、節目節目で母子健康手帳の提示が手続きの軽減や経済的優遇につながるような仕組みを作ることで、子どもが成長していく過程で今よりも母子健康手帳が活用できるんじゃないかと考えたりしています。
今、義務教育を終えた以降の世代で、自分の母子健康手帳が手元にある人ってどれくらいいるのでしょうか。
麻疹の報告が相次いでいて、自分が感受性者じゃないかどうか確認する、もっとも手っ取り早く確実な方法は、母子健康手帳の接種記録を確認することです。
あ、一回しか打っていない、とか、2回接種していたんだ、とか、3期、4期はどうだったのかとか。
海外に留学する場合も、医療関係の職業に就く場合も、母子健康手帳で予防接種の記録を確認できれば、追加で何の予防接種が必要なのかすぐにわかります。

妊婦さんの支援にも、子どもたちの成長過程においても、母子健康手帳をもっと活用出来たらな、そんなことを考えている今日この頃です。

子どもたち、頑張っていますね

こんにちは、Plus Action for Children の高畑です。

我が家の2人の息子は、どちらもサッカー小僧です。
長男は高校の部活動で、次男はクラブチームのジュニアユースで、サッカー漬けの日々を送っています。
長男が幼稚園でサッカーをはじめてから、はや10年以上になります。
この間、沢山のチームメイトに出会い、切磋琢磨してきました。

新たなシーズンが始まり、それぞれ公式戦や招待試合、練習試合などが活発になってきています。
年度頭の忙しい時期だけになかなか観に行くことができませんでしたが、このGWにはそれぞれのサッカーを観に行くことができました。

息子たちのプレーを観るのはもちろんですが、幼稚園時代や小学校時代に同じチームでプレーした子、同じ小学校や中学校だった子、スクールで知り合いだった子、ライバルとしてしのぎを削った子、そうした子どもたちがサッカーを続けている姿を観るのも楽しくとても嬉しいものであります。

先日も長男の練習試合の対戦相手に、ジュニアユース時代のチームメイトと、ジュニア時代のチームメイトが何人かいました。
ジュニア時代のチームメイトのプレーを観るのは、小学校卒業以来初めてだったので、5年ぶりというところでしょうか。
背が伸び、顔つきも大人に近づき、親に似てきたところとか、「成長したなぁ」と感心したり、ボールの持ち方だとか姿勢だとか「変わってないなぁ」と懐かしく思ったり。
何より、昔と変わらず頑張っている姿が観られて、嬉しかったですね。

小学生の頃は「プロになる!」と無邪気に言えていた子どもたち。
成長とともに、プロになることの難しさを知り、現実と向き合うことも迫られたりします。
そうした中でも、今での「サッカーが好き」で、努力を続けている姿、サッカーを楽しんでいる姿に、「ああ、みんな頑張っているな」と、ちょっと自分自身も奮起させられた気もします。

我が家の場合はサッカーですが、サッカー以外でも、スポーツじゃなくても、何かを好きになり楽しみ努力し、その中で得られる仲間って、本当にいいものだなと感じました。
そうした仲間たちの成長する姿を観るという楽しみ、これも子どもたちからのプレゼントなのでしょうね。

だから子どもたちのサッカーをサポートし、観戦に行くことはやめられないのです(^-^)
プロフィール

+afc

Author:+afc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Donation(寄付)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR