FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗い声を挙げる勇気を

こんにちは、Plus Action for Children の高畑です。

連日、日大アメフト部に関するニュースが報じられ続けています。
過剰ではないかとも思えるほどの取り上げられ方にも見えますが、一部活動の不祥事ということではなく、少なくない人たちが同様の事柄を見聞きしたり経験したりしたことがあり、そうした自分の経験を投影しているから、これだけ多くの人たちが関心を持ち意見を述べているのかなと思っています。

この件では徹底的に追い詰められた若者が、越えてはいけない一線を越え、対戦相手に大けがを負わせてしまいました。
そのことを後悔し反省しているからこそ、加害者となった若者は自ら記者会見を開き真実を述べたのだと思います。
このこと自体はとても勇気がいることであり、一人の若者が背負うには余りにも重いことであり、その行為は称えられることですらあると思っています。

しかし同時に、私はやはりそこまで至る前に抗い、声を挙げてほしいと思ってしまいます。
これは今回の当事者である加害者とされる若者だけに向けて思うことではなく、自分自身を含めて、この社会に生きるすべての人に向けて願うことであります。

他者を傷つけ陥れなければ得られない利益は、得てはいけない利益ではないでしょうか。
そのような選択をしてはいけないですし、そのような選択を強いてはならないのです。
もしそのような選択を強いられたら、抗い声を挙げてほしい。
それはおかしい、と。

彼一人で声を挙げられない状況に追い詰められていたことは、報道からも部外者の私でも想像できます。
であれば、そのような状況に至る前に、当事者となる立場の皆が抗い声を挙げ状況を改善してほしい、そう願います。

看過してはいけない状況を目にして声を挙げないということは、それは被害が生じることを見て見ぬふりをした、被害を食い止めなかった、という意味で加害行為です。
声を挙げないということは被害者にも加害者にもならないということでは決してありません。

今回の件では、日大アメフト部の指導者の不適切かつ不誠実な行為、不健全な指導体制をはじめとする組織体質等が事件を引き起こした理由として取り沙汰されています。
もちろん、それは事実ですし間違いではありません。
ただし、それは改善すべき状況を看過してきたことから生じた結果でもあるわけです。
そのような指導者がそのような組織を作り上げてしまった、その原因もまた改善していかなければ、今回のような出来事はまた繰り返されてしまうのではないでしょうか。

糾弾されている指導者たちを断罪するだけで溜飲を下げ終わらせてしまうのではなく、越えてはいけない一線を越えてしまうほど若者が追い詰められてしまった状況まで至ってしまった経緯を振り返り、おかしいということについて抗い声を挙げる勇気を私たちひとりひとりが改めて持つ、そのような反省が必要なのではないかと強く感じます。
スポンサーサイト

引っ越ししました(自宅です)

こんにちは、Plus Action for Children の高畑です。

先週、住み慣れた四街道市から、同じ県内の船橋市に引っ越ししました。
船橋市のみなさん、お世話になります。

様々な事情から、四街道市よりも県北方面への引っ越しが必要な状況となり、昨年末から引っ越し計画を練っておりました。
中々事が運ばず、夏ごろまでに引っ越しできなければ引っ越しは断念しよう、そう決めた3月に状況は急転。
そこから新居探しやら子どもの学校のことやらなんやらを慌ただしく進め、実質2か月ほどで事を進めました。
いやぁ、為せば成るものですね。

次男は転校を避けるため、4月から親戚の家に下宿し一足先に船橋市民となっておりました。
ようやく一月半ぶりに家族4人と7匹の猫が一緒に暮らせるようになりました。
嬉しいですね~。

まだまだ段ボールが山積みで、電子レンジは床に直置き。
そんな落ち着かない状況ですが、徐々に日常生活に戻れればと思っています。
今、一番落ち着かないのは猫たちのようですね。

3年間限定の引っ越しです(予定は未定ですが)。
その間、今までの四街道市の家は、借りていただくことになりました。
タイミングとか縁とかって不思議なめぐりあわせに恵まれることがあるもので、我が家が3月下旬に四街道の家を賃貸に出そうと決めたその日に、我が家を借りたいという借主さんに出会いました。
地域で放課後デイサービスを提供しようとされている借主さんで、我が家もそのような利用目的であればと二つ返事でお貸しすることにしました。
家が子どもたちの健やかなひと時に貢献できる場となれたら、嬉しいですね。

通学やサッカーで負担が大きくなっていた息子たちですが、引っ越しでずいぶんと負担が軽減されました。
もちろん、私たち親もです。
唯一増えたのは経済的負担、借金ですね(^^;
頑張って返していきます!!

そのような事情があったため、Plus Action for Children の活動に向ける時間も精神的・肉体的余力も不足していたため、活動を手控えておりました。
この間、病気説、メンタルヘルスに問題を抱えている説、様々な噂が流されておりました。
中には心配して直接連絡をくださった方もいらっしゃいました。
多くの皆様にご心配をおかけしました。
そしてお気遣いいただき、ありがとうございます。

こんな状況でしたので、なかなか動けずもどかしい日々でもありましたが、これから徐々に、平常運転に戻ろうと思っております。
まだまだ片付かず、やらねばならぬ手続きなども残っているので完全復帰、とはいきませんが。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

母子健康手帳をもっと活用できたら

こんにちは、Plus Action for Children の高畑です。

この4月の診療報酬改定で、初・再診料に「妊婦加算」という報酬が新設されました。
政府として妊婦さんがより安全な医療を受けられるように、妊婦さんに対する診療に加算点数を設けたということでしょう。

こうした政府の姿勢・方針は歓迎したいものですが、しかし妊婦さんの診療に加算をつけるということは、妊婦さんが窓口で支払う一部負担金も少しだけ高くなる、ということでもあります。
妊婦さんの受診に配慮したのに、何かもったいない話でもありますよね。

この妊婦加算、医師が「患者さんが妊婦である」と判断すれば算定できるという設定なのですが、母子健康手帳を交付される前ならそれでも良いのですけど、妊婦さんは医療機関に受診する際に診療科に関係なく母子健康手帳を提示する、というような仕組みにつなげられたら良いのになと思います。
妊娠中であるということもプライバシー、個人情報ではあるのですが、医療を受ける場合には母子の健康を確実に守るためにも必要な情報です。
そうした情報をしっかりと確認できるように、確実に母子健康手帳を確認できるように促せたら良いと思うのです。
母子健康手帳を提示すれば、窓口負担が無料になる、それくらいやっても良いのではないでしょうか。

医療機関に受診する場合に限らず、母子健康手帳を活用できる場面はまだまだ数多くあるのじゃないかと思います。
例えば妊婦さんが公共交通機関を利用する際、母子健康手帳を提示すれば割引が受けられるとか。
妊婦さんの経済的負担を減らすこととセットで活用出来たら面白そうですよね。

それと、母子の健康を守るための手帳ですから、子どもの入学等、節目節目で母子健康手帳の提示が手続きの軽減や経済的優遇につながるような仕組みを作ることで、子どもが成長していく過程で今よりも母子健康手帳が活用できるんじゃないかと考えたりしています。
今、義務教育を終えた以降の世代で、自分の母子健康手帳が手元にある人ってどれくらいいるのでしょうか。
麻疹の報告が相次いでいて、自分が感受性者じゃないかどうか確認する、もっとも手っ取り早く確実な方法は、母子健康手帳の接種記録を確認することです。
あ、一回しか打っていない、とか、2回接種していたんだ、とか、3期、4期はどうだったのかとか。
海外に留学する場合も、医療関係の職業に就く場合も、母子健康手帳で予防接種の記録を確認できれば、追加で何の予防接種が必要なのかすぐにわかります。

妊婦さんの支援にも、子どもたちの成長過程においても、母子健康手帳をもっと活用出来たらな、そんなことを考えている今日この頃です。

子どもたち、頑張っていますね

こんにちは、Plus Action for Children の高畑です。

我が家の2人の息子は、どちらもサッカー小僧です。
長男は高校の部活動で、次男はクラブチームのジュニアユースで、サッカー漬けの日々を送っています。
長男が幼稚園でサッカーをはじめてから、はや10年以上になります。
この間、沢山のチームメイトに出会い、切磋琢磨してきました。

新たなシーズンが始まり、それぞれ公式戦や招待試合、練習試合などが活発になってきています。
年度頭の忙しい時期だけになかなか観に行くことができませんでしたが、このGWにはそれぞれのサッカーを観に行くことができました。

息子たちのプレーを観るのはもちろんですが、幼稚園時代や小学校時代に同じチームでプレーした子、同じ小学校や中学校だった子、スクールで知り合いだった子、ライバルとしてしのぎを削った子、そうした子どもたちがサッカーを続けている姿を観るのも楽しくとても嬉しいものであります。

先日も長男の練習試合の対戦相手に、ジュニアユース時代のチームメイトと、ジュニア時代のチームメイトが何人かいました。
ジュニア時代のチームメイトのプレーを観るのは、小学校卒業以来初めてだったので、5年ぶりというところでしょうか。
背が伸び、顔つきも大人に近づき、親に似てきたところとか、「成長したなぁ」と感心したり、ボールの持ち方だとか姿勢だとか「変わってないなぁ」と懐かしく思ったり。
何より、昔と変わらず頑張っている姿が観られて、嬉しかったですね。

小学生の頃は「プロになる!」と無邪気に言えていた子どもたち。
成長とともに、プロになることの難しさを知り、現実と向き合うことも迫られたりします。
そうした中でも、今での「サッカーが好き」で、努力を続けている姿、サッカーを楽しんでいる姿に、「ああ、みんな頑張っているな」と、ちょっと自分自身も奮起させられた気もします。

我が家の場合はサッカーですが、サッカー以外でも、スポーツじゃなくても、何かを好きになり楽しみ努力し、その中で得られる仲間って、本当にいいものだなと感じました。
そうした仲間たちの成長する姿を観るという楽しみ、これも子どもたちからのプレゼントなのでしょうね。

だから子どもたちのサッカーをサポートし、観戦に行くことはやめられないのです(^-^)

出来ないことより出来ることに目を向けて

こんにちは、Plus Action for Children の高畑です。

最近、身の回りで様々なことがあり、色々と考えさせられます。
自分自身のことであったり他人のことであったり。

そんな中、強く思うのが、出来ないことをよりも出来ることに目を向けてほしいなということです。

誰しも得て不得手があります。
その凸凹は個性でもあります。

あいつは○○ができないからダメだ、というのではなく
○○ができる、ということに目を向け、評価し、その「できる」を大切に伸ばしてあげてほしいと思います。

その「出来ない」を取り上げて、人を否定することは簡単なことです。
誰しも完璧ではありませんし、出来ないことがない人なんて、いないですから。
それよりも、その人が「出来ること」を大切にし、その「出来ること」をその環境や組織が活かせるようにすれば、様々な個性を持った凸凹な人たちが、個性を輝かせその人らしく活躍できるんじゃないか、そんな思いを最近は特に強くしています。

これまた青臭く理想論かもしれません。
だけれども、出来ることを認めずに出来ないことを指摘し続けられたら、多くの人たちにとっては生き難いんじゃないかな、って思うのです。
加齢や疾病や様々な理由で、ある日突然にそれまでは「出来ること」だったものが「出来ないこと」になることだってあります。
そうした境遇に立たされた人が生き難い社会は、出来なくなることへの恐怖を抱えながら生きる社会です。

沢山の「出来ないこと」を抱えた人も、「出来ること」を活かして活躍できる、そんな社会をPlus Action for Children は目指しています。

アルコール依存症について知るために

こんにちは、Plus action for Children の高畑です。

人気タレントがアルコールを摂取し、酩酊状態で起こした事件がメディアを賑わせています。
私は医師でも専門家でも無いので彼がアルコール依存症であるのか否か判断できませんが、アルコール依存症について触れる報道も見受けられますし、これを機に次の書籍を多くの方に知っていただけたらと思います。

かぞくがのみすぎたら(株式会社サウザンブックス社)


アルコール依存症は当人はもちろんですが、その周囲の方々、とりわけ家族にとってもとても辛く苦しいものとなります。
親がアルコール依存症の子どもたちにとってはなおさらです。
悩み苦しんでいる子どもたちが少しでも救われるように、多くの方々にこの本を手に取ってもらえたらと思います。

流行の先の対策

こんにちは、Plus Action for Children の高畑です。

麻疹(はしか)の流行を報じるニュースが相次いでいます。
海外から持ち込まれた麻疹の沖縄での流行に始まり、東京都内でも感染が報告されています。

我が国は麻疹の排除国ではありますが、社会全体として十分な抗体を有しているとは言えないのが現実です。
いったん海外から持ち込まれたら流行してしまうのではないかという危険性は、専門家の間では以前より為されていました。
しかし、目の前で流行してもいない感染症への関心は高くなく、本来であればワクチン接種による抗体獲得が必要な人たちがまだまだ数多く存在するにもかかわらず、十分な対策を講じきることができずに今回の流行を生じてしまったものです。

現在、ワクチン接種を希望する方が多数に上っているそうで、現実的にはワクチンによる接種が効果的であり、それは望ましい状況ではあるのですが新たな問題も生じています。

それはワクチン不足です。
一度に多数の方が接種を希望する、需要が高まったことに対し供給が不足しているのですね。
これは麻疹に限らず、他の感染症でも起きることで、直近ではこの冬のインフルエンザワクチン不足が記憶に新しいです(製造そのものにも問題があったものですが)。
以前、都内の大学等で麻疹が流行した時も、接種者希望者が急増したためにワクチンが足りない、という状況を生じていました。
ヒブワクチンの導入時期は、ヒブ感染症の流行等によるものではありませんが、それまで打つことができなかったヒブワクチンが国内で承認・販売されたために接種希望者が殺到、製造過程のトラブルで輸入が一時的に滞ったこともあり大幅なワクチン不足に陥ったこともあります。

このように、ワクチンは需要が急激に高まるとそれなりの確率で供給不足に陥り、接種したくても接種できないという状況になりやすいものであります。
これはワクチンの供給のあり方や製造過程そのものが抱える特性によるところが大きく、今すぐに「需要の増大にびくともしない供給体制」を確保することはなかなか難しいといえます。
ワクチンはその製造に短くても数か月単位の期間を要するため、感染症の流行等で需要が増大しても、それを賄うだけの供給増をリアルタイムで望むことはできません。
また、使用できる期間も限られているため、大量に生産しておいて備蓄するというのも難しいでしょう。
使用する場面は平常時の予防接種に限定されますから、最初から製造量は予測される接種対象者数に最適化された数に抑えられます。
つまり、余剰分を大量に確保することもできず、備蓄もできず、急な増産もできない、という硬直性の塊なのです。

こうしたワクチンを上手に使うためには、やはり流行時に緊急対応として予防接種するのではなく、日ごろから接種すべき対象者が計画的に接種を受けておく、という対応が大切です。
定期接種の対象者は確実に接種を受けておく、麻疹や風疹であれば過去の接種制度の変遷などの中で十分な接種機会を与えられずに必要な接種を受けられなかった層に接種してもらう、そのためにもそうした対象者が接種を受けやすくする助成制度の創設や情報提供を行う、そうしたことが必要なのだと思います。

現在は麻疹の流行期にあり、臨時的・緊急的な対応が求められる局面です。
しかし、そうした時期を過ぎ、「あー、ピークは過ぎた」で思考と行動をストップしてしまっては同じことを繰り返すことにつながってしまいます。
流行の先に必要となる対策を、今回の流行を二度と繰り返さないという思いのもと、講じる社会であることを強く望みます。
プロフィール

+afc

Author:+afc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Donation(寄付)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。