FC2ブログ

弱者やマイノリティを排除しようとするのは、もうやめませんか

こんにちは、Plus Action for Children 代表の高畑です。

我が国の少子化の進展とそれに伴う労働人口の減少が経済や社会保障等に大きなマイナスを及ぼすことが予想される中、海外からの労働力の確保や移民政策の展開、また女性や障がい者の方々が働きやすい環境づくり・雇用促進が進められています。
好む、好まざるに関わらず経済成長を前提とした社会構造となっているので、経済成長の停滞、マイナス成長は避けなければなりません。
主眼が経済成長の維持であり、そのための働き方改革、女性や障がい者の方々の就労環境の改善であるという見方もできますが、そうであっても私はそうした取り組みを歓迎したいと思っています。

ただ、短絡的な労働力の確保、という観点ではなく、属性等に関わらず活躍できる社会を実現することが、社会全体の幸せにつながるという観点を持ってほしいと思います。
社会的弱者と呼ばれる方々やマイノリティの方々が生きやすい社会というのは、それは誰もが生きやすい社会でもあります。
誰もがいつでも自分の意志とは関係なしに、ハンディを負うかもしれないし、マイノリティとなるかもしれません。
そのような状況となった途端に生き難くなる社会では、私たちは安心して社会生活を送ることはできません。

短絡的な視野で「生産性が無い」と批判したり、意見を異にする人を権力や立場の優位性を利用して排除したり、もうそんなことはやめませんか。
社会的弱者と呼ばれる方やマイノリティの方々の生き難さを解消する取り組みの方が、よほど生産的です。

Plus Action for Children は、今よりも少しでも誰もが生きやすい社会を子どもたちに残せるように、これからも活動を展開していきます。
皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

忘れないこと、継続すること

風疹が流行しています。
2012年から13年にかけての流行を経験しているだけに、とても悔しく思います。

前回の流行では、当事者の方々を中心に専門家やマスメディアも大いに情報発信し、二度と同じことを繰り返さないように声を挙げました。
しかし、今回、流行が繰り返されてしまいました。

ワクチンで防ぐことのできる疾病=VPD(Vaccine Preventable Diseases)への対策は、根絶までは継続しなければなりません。
それも、細々とではなく、十分な効果を得られる内容と水準で、です。

流行時には関心が高まり、抗体検査を受ける人、ワクチン接種を受ける人が増加します。
しかし、いったん流行が落ち着くと、対策も低調となります。

ワクチンは需要の高まりに臨機応変に供給量を合わせることが難しい製剤です。
また、何年もに渡り保存することも困難です。
従って、急に増産したり、または大量に備蓄することができません。
そのため、流行時に接種希望者が増えても、ワクチン不足という事態に陥り、接種したくても接種できないということも起こりますし、接種を受ける側も接種する側も大きな労力を要することにもなります。

とはいえ、流行時の今、できることは、うつされない、うつさない、予防する、ことにつきます。
ワクチンが足りないとはいえ、医療機関への負担が増大するとはいえ、コストがかかるとはいえ、今やれることは最大限やるしかありません。
そうしてこれ以上感染者を増やさないことが大事です。

そして、何とかこの流行を乗り越えたら、その取り組みを継続することが大切です。
発症数が少なくなれば、注意喚起の情報も減るでしょうしメディアでの報道も減るでしょう。
それはある意味では当たり前のことですが、一方で、わが国ではまだまだ風疹に対して抗体を持たない人が数多くいること、風疹が流行するリスクは大きく残されていること、風疹への対策は引き続き必要であることを忘れてはいけません。
風疹対策が必要であるということを忘れずに、対策を継続することが求められます。

予防接種はVPDの流行時に注目を集めますが、VPDへの対策は非流行時(平時)にこそ着実に進めておきたいものです。
ワクチン接種を受けていない方が着実に接種を済ませ抗体を獲得していくことは、平時だからこそスムーズに実現できます。

今回の流行が一日も早く収まることを願いつつ、収まった以降も風疹の存在とリスク、対策の必要性を忘れずに行動を継続することを強く期待するものです。
プロフィール

+afc

Author:+afc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Donation(寄付)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR