FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもに話すために

こんにちは、木曜日担当のPlus Action for Children 高畑です。

家族の健康維持のため、しょうがをスープにしのばせる毎日。

そこに、長ネギが追加され、とうとう「ねぎスープ」と相成りました。

具は玉ねぎと長ねぎとベーコン(orハムorウインナー)、味付けは塩とコンソメorウェイパー、摩り下ろしたしょうがを加えて、仕上げはごま油をポタリ。

玉ねぎは薄くスライスし、長ねぎは白髪ねぎのようにカットします。

長ねぎ嫌いの次男坊も、このスープなら「美味しい」と言って食べてくれます。

家族が喜んでくれると、嬉しいもんですね。

さて、様々なニュースが飛び交う毎日の中で、息子たちが興味を示して「●●ってニュースで流れていたけど、どういうことなの?」という質問を受けることがあります。

また、私自身が子どもたちに関心を持ってもらいたい事柄についてニュースで報じられていると、「ちょっとこのニュース観てごらん」と言って子どもたちに視聴を促すこともあります。

そうしてそのニュースや事柄について親子の会話が始まるわけですが、その中で私が気をつけていることが「事実とそれに対する評価・価値判断を峻別すること」と「多様な価値観があること」、そして何より「事実を正確に伝えること」です。

この「事実を正確に伝えること」が、なかなか大変です。

事実を正確に伝えるためには、私自身がそのニュースや事柄について、事実を理解していなくてはなりません。

制度、仕組み、文化、歴史、科学、etc....。

とりわけ長男は中学生になってから、関心の幅が広がっているので、必然的に私もその幅に応じられるように様々な事柄を学びなおす必要に迫られています。

この歳になっても、まだまだ勉強なんですね(^^;

おかげで、読書のジャンルが広がっています。

子どもの頃、色々なことを良く知っていて、「すごいなぁ」と思っていた祖父。

今、思い返すと、いつも傍らには様々な書籍があったなぁと。

余談ですが、自分自身が中高生だった頃、日本史も世界史も地理も、全く興味がありませんでした。

「どうせ、社会に出てから役に立たないでしょ」なんて言ってみたり。

これらへの正しい理解が現在を理解するためにも必須だったのだと、今はすごく後悔しています。

逆に理科等は単純に「楽しい」って思っていて好きだったのですが、これまた現在を理解するのにとても大切な事柄だったと実感しています。

子どもたちに話すために、事実を正確に理解する必要性に迫られ、今さらながら「学ぶ」ことの大切さを実感している40代の私でした。



2015年1月29日
ムコネットTwinkle Days 命耀ける毎日」に掲載

2015年1月29日
ハフィントンポスト日本版」に転載
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

+afc

Author:+afc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Donation(寄付)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。