適切に怖がるために

こんにちは、木曜日担当のPlus Action for Children 高畑です。

日々、様々なリスク情報を目にします。

感染症、自然災害、食にまつわる出来事、テロ、事件、etc...。

自分や家族、近い人たちの身にも降りかかるかも知れないリスクがあると思うと、どうしても不安を感じてしまいます。

多くのリスクは「ゼロ」にはできないので、「怖い」という恐怖・不安(や安心)を完全に無くすことは困難です。

また、そのもととなる「リスク」には多くの場合は不確実性があるため、不安を完全にコントロールすることも難しいです。

そしてその恐怖や不安は、私たちの日常生活上の「判断」にも影響を及ぼします。

どうしてもリスクを避けたい、という思いから、必要以上の回避行動をとってしまい、逆に他のリスクを増大させる、なんていうことも珍しくありません。

逆に、不安を抱くことから逃れようと、根拠無く「安全だ」とい思い込み「安心」を得ようとすることで生じるリスクもあります。

また、こうしたリスクの過大評価や過小評価は、自分自身だけではなく、他者をも不幸にすることがあります。

不安に不十分な理解や誤解が伴うことで、差別等を生み続けてきた過去と生み続けている現在があります。

だから、リスクやそれに対する不安と適切に付き合うことが大事です。

不安と適切に付き合うために、その不安を生じている「リスク」を理解する、把握することが必要です。

「この先危険」という看板がある道を、「危険がある」という情報以外の情報を得ずに暗闇の中で進まなければならない場合と、その道の「どこ」が「どの程度」の危険を孕んでいるのかを知った上で進む場合とは、感じる不安には大きな違いがあります。

リスクの正体を理解・把握し、抱く不安を過大でも過小でもなくすることで、日常生活における様々な判断もよりリーズナブルなものになります。

この「リスクの正体を理解・把握する」ためには、量の概念や確率などを理解することや、「無いことは証明できない」という論理の原則を踏まえておく必要があります。

これらを身につけ、さらには玉石混交の情報の中から、信頼できる情報を選び出すスキルも求められます。

Plus Action for Childrenでは、「適切に怖がる」ために必要なこれらを身につけられるよう、これからも学習会などを重ねていきます。



2015年2月5日
ムコネットTwinkle Days 命耀ける毎日」に掲載

2015年2月5日
ハフィントンポスト日本版」に転載
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

+afc

Author:+afc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Donation(寄付)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR