目的を達するためには手段を選ばない、ではダメ

こんにちは、Plus Action for Children 代表の高畑です。

最近、改めて思うところがありこのエントリーを書きます。

Plus Action for Childrenは、子どもたちを取り巻く環境がより良くなることを求め活動しています。
予防接種制度の改善や充実を求めるのも、もちろんその一環です。

Plus Action for Childrenを立ち上げる前から、予防接種制度の改善や充実を求め、様々な活動を重ねてきました。
その中で私がいつも肝に銘じていたことは、目的のためなら手段を選ばない、という思考には陥らないこと、手段はきちんと選ぶこと、です。
予防接種制度を変える、というのは社会の中の制度を変えることであります。
社会の中の制度を変えるのですから、社会の構成員の中の合意形成を図ることを優先してきました。
合意形成を図らずとも、制度を変えることはできなくは無いことです。
しかし、合意形成を軽んじて制度を変えても、それは本当の意味での改善ではない、いずれどこかでほころびを見せ破たんの危険につながる、と考えてきました。
どんなに時間がかかっても、もちろん、自分自身が望む結果にはならなかったとしても、それはそれで仕方がない、と。
合意形成を図れなかったとしたら、それは社会という組織がその結果を望んでいなかった、ということであり、その結果は真摯にうけとめなければなりません。
それが民主主義であり、組織のあるべき姿だと考えるからです。

予防接種制度においても、このプロセスを端折ったがために混乱をきたしているものがあります。
HPVワクチンです。
私は、HPVワクチンは必要なワクチンであると考えていますし、定期接種の対象として適切なものだと思っています。
しかし、HPVワクチンの定期接種化に至る過程では、合意形成において丁寧さを欠いていた感は否めません。
結果として、ワクチンで守れる健康、命を十分に守れていないという現在があるのだと思います。

自分が望むものを何が何でも手に入れる、その意欲は大切です。
だからといって、プロセスを省いたり合意形成を無視したりしてはならないのです。

私たちは歴史から多くのことを学ぶことができます。
成功も失敗も。
失敗から学ぶことは、本当にたくさんあります。
自分が味わった不条理、辛苦、そういったものを次の世代に経験させないため、負の遺産として残さないためにも、歴史から学んだ教訓は大切にしなくてはなりません。

予防接種制度改善の取り組みについて、セミナーやシンポジウムでお話しさせていただく機会をいただいたとき、私は自分自身の過去も踏まえて、予防接種や感染症といったものへの無関心と沈黙、「きっとどこかで誰かがうまいことやってくれている」という当事者意識の欠如が、ワクチンギャップを生じ日本をワクチン後進国にしてしまった大きな理由の一つとしてお話してきました。
多くの子どもたちが、ワクチンで防ぐことのできる健康被害を被ってきたのは、私も含めた大人たちの無作為によるところが大きい、と。
だからこそ、社会の構成員の一人として、社会の中で守るべき子どもたちを守るために、次の世代により良い環境を残すために何ができるのか、一人一人が知り、考え、そして行動するように、予防接種や感染症についての情報を発信し続け、ともに考える機会を提供してきました。

大事にしてきたのは、社会全体で関心を高め、考え、行動すること。
その過程で、合意形成を十分に図ること。
例え時間がかかっても、自分が望むものが合意を得られなくても、絶対にプロセスを端折らない、合意形成を軽んじないということを大切にしながら。

子どもたち、孫たち、そしてその次の世代へと残したいものは、より良い環境なのですが、それは何か具体的な制度であったり物質であったり、というわけではないんです。
むしろ、不作為やプロセスを端折ったことでより良い環境から遠ざかってしまった失敗を繰り返さない社会を残したい、そうすれば後世の構成員たちが具体的な制度や物質を遅滞なく得ることができるようになるんじゃないかと、だから目先の成果や結果を優先してプロセスを端折ったりしてはいけないんじゃないかと、そのように考えています。

理想論かもしれません。
青臭いかもしれません。
だけれども、私が歴史から学んだこと、自分の息子の命を危険に晒して突き付けられたことは、そういうことなんです。

だからこれからも、時間がかかっても結果につながらなくても、合意形成とそこに至るプロセスを端折ることなく、活動していきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

+afc

Author:+afc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Donation(寄付)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR