スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたち、頑張っていますね

こんにちは、Plus Action for Children の高畑です。

我が家の2人の息子は、どちらもサッカー小僧です。
長男は高校の部活動で、次男はクラブチームのジュニアユースで、サッカー漬けの日々を送っています。
長男が幼稚園でサッカーをはじめてから、はや10年以上になります。
この間、沢山のチームメイトに出会い、切磋琢磨してきました。

新たなシーズンが始まり、それぞれ公式戦や招待試合、練習試合などが活発になってきています。
年度頭の忙しい時期だけになかなか観に行くことができませんでしたが、このGWにはそれぞれのサッカーを観に行くことができました。

息子たちのプレーを観るのはもちろんですが、幼稚園時代や小学校時代に同じチームでプレーした子、同じ小学校や中学校だった子、スクールで知り合いだった子、ライバルとしてしのぎを削った子、そうした子どもたちがサッカーを続けている姿を観るのも楽しくとても嬉しいものであります。

先日も長男の練習試合の対戦相手に、ジュニアユース時代のチームメイトと、ジュニア時代のチームメイトが何人かいました。
ジュニア時代のチームメイトのプレーを観るのは、小学校卒業以来初めてだったので、5年ぶりというところでしょうか。
背が伸び、顔つきも大人に近づき、親に似てきたところとか、「成長したなぁ」と感心したり、ボールの持ち方だとか姿勢だとか「変わってないなぁ」と懐かしく思ったり。
何より、昔と変わらず頑張っている姿が観られて、嬉しかったですね。

小学生の頃は「プロになる!」と無邪気に言えていた子どもたち。
成長とともに、プロになることの難しさを知り、現実と向き合うことも迫られたりします。
そうした中でも、今での「サッカーが好き」で、努力を続けている姿、サッカーを楽しんでいる姿に、「ああ、みんな頑張っているな」と、ちょっと自分自身も奮起させられた気もします。

我が家の場合はサッカーですが、サッカー以外でも、スポーツじゃなくても、何かを好きになり楽しみ努力し、その中で得られる仲間って、本当にいいものだなと感じました。
そうした仲間たちの成長する姿を観るという楽しみ、これも子どもたちからのプレゼントなのでしょうね。

だから子どもたちのサッカーをサポートし、観戦に行くことはやめられないのです(^-^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

+afc

Author:+afc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Donation(寄付)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。