FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもを支える活動が評価される社会を目指して

5月5日に「+Action for Children」を立ち上げたものの、HPの充実など、なかなか十分に果たせていません。
いったい、何をしたいの?という疑問をお持ちの方も少なくないと思います。

何をしたいの?への答えは、色んなこと!です。
なにせ私は根っからの欲張りで、関心があることにあれやこれや首を突っ込みたいのです。

といっても、実際にできることはそんなに多くはありません。
やれることをやれる範囲で実行するしかないですよね。
こういったことをやりたい、という具体的な企画は既にいくつかあるのですが、今月は組織の整備に力を注がねばいけないので、具体化は次月に持越しです(ホント、組織として未整備なことが多すぎるので)。

なので、具体的にこれをやる!ということを今回のブログ記事では書けないのですが、壮大な話かもしれませんけど、そもそもこの組織を立ち上げる大きな動機のひとつをご紹介します。

それは、日本を「子どもを支える活動が評価される社会」にしたい、ということです。
いやぁ、漠然としているでしょう?
でかい絵でしょう?

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私は「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」の事務局長として、2007年より活動してきています。
現在も子どもたちを細菌性髄膜炎から守ってくれるヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの早期定期接種化を求め、活動しています。
同時に、同じく細菌性髄膜炎に罹患した当事者相互の交流や支え合いといった活動も行っています。

具体的には、署名活動や議員要請、各種啓発イベントや関連学会への参加、講習会やセミナー・シンポジウムでの講演、街頭宣伝活動、メディアへの寄稿、当事者のつどいの開催等などを行ってきました。
時にはメディアの取材に対応し、活動や意見などを紹介してもらったりもしています。
これらの活動は原則ボランティアで、自分の時間を使って行っています。

「原則ボランティア」、これは子どもたちを支える活動の多くに共通することだと思っています。
子どもたちのことに限らず、多くの患者会活動などは同様ですよね。
私は、この「原則ボランティア」そものもは決して悪いことでは無い、と思っています。
ただ、この「原則ボランティア」ゆえの限界も感じています。

「原則ボランティア」の活動に参加してきて感じる限界のひとつは、「参加できる人が限られてしまう」、ということです。
先ほど、「自分の時間を使って」と書きましたが、この制限が、多くの方々が「参加したいけど参加できない」ハードルになっています。

私自身は、現在の職場(医療関係の団体)の理解を得て、子どもたちを支える活動も業務の一部に組み込んでいただき(もちろん、組織的に経験や情報などをフィードバックすることになりますが)、そのお陰で就業時間に当たる日中でも活動の時間を割くことがある程度は可能な状況にあります。
そのため、厚生労働省の部会の傍聴に足を運んだり、日中に開かれるセミナーを聴講したりすることが可能になったりしています。
でも、これってすごくイレギュラーで恵まれた環境なんですよね。

私の活動に大きな影響を与えたのが、「ムコネット Twinkle Days」の中井麻里さんとそのご家族なんですが、中井さんご家族を取り上げたドキュメンタリー番組で、アメリカの治験に参加するために職場に休職を申し出る際に、クビになることも覚悟した、というお話をされていました(実際には快く休職を認めていただけたとのことです)。
私自身も、中井さん程ではないにせよ、子どもの病気等で有給をとらなければならない状況に直面したことも何度かあり、残念ながら不快感をあらわにした対応をされたことも過去にはありました(まあ、職場からの信頼が無かったといえばそれまでですが)。

例に出した事例はボランティア活動とはちょっと違う話なのかもしれませんが、子どものために時間を割くことが、職を失ったり評価を下げたりすることを覚悟しなければならない状況があるということなのだと思います。
このような状況がある限り、「原則ボランティア」の活動に多くの方が参加することはなかなか難しいだろうなと。
とりわけ子どもを支える活動では、当事者に近い保護者の方々は20代から40代の、職場では若手から中堅どころという層になりますから、上記のリスクを抱えるのはとてもシビアな年代です。
故に、気持ちはあっても参加しづらい、ということになってしまいます。

私は、「+Action for Children」の活動を通じ、多くの方に子どもたちが直面する様々な困難な状況があることを知っていただき、どうしたら改善できるのかをともに考え、そして改善に向けてともに行動していきたいと考えています。
そして活動には、多くの皆さんを巻き込んでいきたいと目論んでいます。

例えば、企業の方に、職員の研修や業務の一環として、子どもたちを支える活動に参加していただくこと。
子どもたちを支える活動に触れ、参加することで、得られるものって少なくないと思うんです。
そしてその経験は、直接的な企業活動には結びつかなくても、子育て中の方の立場を理解したり気持ちを察したり、ということに繋がるかもしれません。
もちろん、そこで得た新たな視点が企業活動やサービスに活かせるケースもあるかもしれません。
そして、そういった活動が、職を失ったり評価を下げたりするリスクとなるのではなく、得られるものを評価し、ベネフィットをもたらすものになって欲しいのです。

多くの大人が、子どもたちを支える活動の経験を有する社会になれば、子どもを支えるためのボランティアが、強い思いと恵まれた環境を持つ人間だけが参加する特別なものではなくなってくれるんじゃないか、そんなことを期待しています。
困難に直面した当事者やそれに近い人たちだけが参加するのではなく、また、特別な環境に身をおいた人間だけが参加するのでもなく、次世代に社会というバトンをつなぐ担い手として、多くの方が子どもたちを支える活動に参加し、子どもたちを支えるという視点を持てる世の中にしたい、そんな思いから「+Action for Children」を立ち上げました。
なので、特定の疾病等に特化した患者団体ではなく、「子ども」という括りで活動を展開する組織にしました。

「+Action」、というネーミングは、文字通り「行動する」ことに力点をおいたものです。
多くの方は、知り、考え、というところまでは進めるけれども、なかなか時間を割いて行動するまでの環境を得ることができていない、ならば、その環境を変えていきたい、という思いです。
誰もが気軽にActionを起こせる、その手伝いをできればと。

と、夢は結構、大風呂敷広げちゃっていますが、なんせ代表が私ですから、大したことはできません。
小さなことからこつこつと、やるしかないですよね。
でも、この壮大な夢を実現するため、多くの人を巻き込んでいくつもりでいます。
今後、小さな活動から展開していくと思いますが、興味がある方、一緒に社会変革という大風呂敷を広げてみませんか。
賛同いただける方、ご支援・ご協力いただける方からの連絡をお待ちしております。



スポンサーサイト

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

+afc

Author:+afc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Donation(寄付)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。