FC2ブログ

弱者やマイノリティを排除しようとするのは、もうやめませんか

こんにちは、Plus Action for Children 代表の高畑です。

我が国の少子化の進展とそれに伴う労働人口の減少が経済や社会保障等に大きなマイナスを及ぼすことが予想される中、海外からの労働力の確保や移民政策の展開、また女性や障がい者の方々が働きやすい環境づくり・雇用促進が進められています。
好む、好まざるに関わらず経済成長を前提とした社会構造となっているので、経済成長の停滞、マイナス成長は避けなければなりません。
主眼が経済成長の維持であり、そのための働き方改革、女性や障がい者の方々の就労環境の改善であるという見方もできますが、そうであっても私はそうした取り組みを歓迎したいと思っています。

ただ、短絡的な労働力の確保、という観点ではなく、属性等に関わらず活躍できる社会を実現することが、社会全体の幸せにつながるという観点を持ってほしいと思います。
社会的弱者と呼ばれる方々やマイノリティの方々が生きやすい社会というのは、それは誰もが生きやすい社会でもあります。
誰もがいつでも自分の意志とは関係なしに、ハンディを負うかもしれないし、マイノリティとなるかもしれません。
そのような状況となった途端に生き難くなる社会では、私たちは安心して社会生活を送ることはできません。

短絡的な視野で「生産性が無い」と批判したり、意見を異にする人を権力や立場の優位性を利用して排除したり、もうそんなことはやめませんか。
社会的弱者と呼ばれる方やマイノリティの方々の生き難さを解消する取り組みの方が、よほど生産的です。

Plus Action for Children は、今よりも少しでも誰もが生きやすい社会を子どもたちに残せるように、これからも活動を展開していきます。
皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

+afc

Author:+afc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Donation(寄付)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR