FC2ブログ

風疹・麻疹を防ぐためにできること

こんにちは、Plus Action for Children の高畑です。

風疹の流行が拡大しています

可児さんをはじめ、風疹をなくそうの会『hand in hand』の皆さんが声を挙げています。
流行の風疹で娘亡くした母が訴え「ワクチン接種を」 

厚生労働省は事態を深刻に受け止め、来年度から抗体検査を無料で受けられる方針を固めたそうです。
風疹の抗体検査、30~50代男性は無料に 厚労省方針

2012年から2013年にかけての風疹の流行は、まだ記憶に新しく、今回の流行を受け「またか」との思いを抱いた方も多いと思います。
風疹に罹患した方も、医師も、政府も、様々な方々が、忸怩たる思いを抱きながら、風疹の流行の拡大をどのように食い止めるのか、模索しています。

患者会の方々が何度声を挙げれば、どれだけ行動を重ねれば、風疹を排除することができるのでしょうか。
風疹を排除しても、彼女たちが風疹に罹患した過去を無くすことはできません。
風疹に罹る以前に戻ることもできません。
彼女たちには、そのような意味では何らプラスをもたらすことは無いのです。
それでも声を挙げ行動を続ける、そこには「同じ思いを繰り返してほしくない」という、当事者だからこその思いがあるのです。
そうした彼女たちが声を挙げず行動もせずに済む、そのような時が一日も早く来てほしい、私たちPlus Action for Children は強く願います。

風疹を排除するために有効な手段はあります。

それは、ワクチンを接種すること、です。

前回の流行も今回も、発症者の大半は接種歴を有しない世代の男性が中心です。
過去の定期接種の接種対象では無く、接種機会を得られていなかった人たちです。
こうした方々が風疹に罹患することで、その周囲の方々に感染させてしまう。
ワクチン接種を受けることができる前の、0歳児の発症などは、まさに周囲が感染しないことで防ぐしかありません。

先にも触れましたが、現在、厚生労働省等の方針としては、まずは風疹に対し十分な抗体を有しているかどうか確認する、抗体検査の実施を優先しています。
これは、ワクチンの供給量に不安があることが、理由の一つになっています。

しかし、抗体検査をするために医療機関を訪れ、採血し、結果を受けて再び医療機関に足を運ぶ、この時間、労力を考えると、必ずしも風疹を防ぐために最良の手段では無いことは明らかです。
同じく費用も時間も労力もかけるのであれば、最初から予防接種を受ける方がよほど効率的です。
多くの方が一日でも早く有効な抗体を身につけるためには、一日も早く予防接種を受けることが最良の手段です。

ですので、私は、
抗体の有無を確認するのではなく、予防接種を受けてください、とお願いします。
抗体があったところにワクチンを接種しても、何ら問題はありません。
また、現在は風疹の流行のために風疹の抗体検査を受けてとされていますが、麻疹に対するワクチンも混合ワクチンですから同じような制度遍歴、接種状況にあります。
風疹の抗体があったからと言って、十分ではないのです。

ワクチンが足りないのではないかとのご意見もあると思います。
しかし、接種を受ける側がワクチンが足りないかもしれないと勘案するより、医療機関に接種を求めて良いと思います。
その医療機関がワクチンの確保量、流通量を考えて、対応してくれます。
また、希望されれば、MMRワクチン(麻疹、風疹、おたふくかぜ)ワクチンを個人輸入し接種してくれる医療機関もあります。
この場合、定期接種対象では無いおたふくかぜの抗体を得ることもできます。
NHKの朝のドラマ「半分青い」では、主人公がおたふくかぜによる難聴を有しているという設定でした。
おたふくかぜによる不可逆的な難聴を抱える子どもたちも多く生じている現状では、おたふくかぜを予防接種で防ぐことも急務となっています。

麻疹・風疹を防ぐためにできること、それは
「速やかにワクチンを接種すること」
です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

+afc

Author:+afc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Donation(寄付)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR