組体操の必要性と安全性・危険性、対応策を誰が評価・策定するのか

こんにちは、木曜日担当のPlus Action for Children 高畑です。

節分の2月3日、衆議院第一議員会館第会議室で開かれた、「組体操事故問題について考える勉強会」に参加してきました。

初鹿明博衆議院議員が中心となって開催したものです。

昨年11月には「学校管理下における重大事故について考える勉強会」と題する勉強会に参加しましたが、今回はこの中から運動会や体育祭で行われる「組体操」に焦点をあてたものとなっていました。

講師は名古屋大学大学院教育発達科学研究科准教授の内田良氏と、松戸市立病院救命救急センターの庄古知久氏です。

内田氏は日本スポーツ振興センター(JSC)の統計をはじめとする各種データや実例を基に、組体操における事故の実態がどのようなものなのかを解説されました。

庄古医師は、松戸市の救命救急センターを受診した患者さんの中から組体操によるものを抽出し、受傷機転や受傷部位、予後などを実例を交えながら説明され、また松戸市における組体操の状況を示しながら、現状の組体操の問題点を解決策を提示されました。

また、参加した地方議会の議員や国会議員、組体操でお子さんが事故に遭われた保護者の方などから発言があり、組体操の現状を学ぶ貴重な機会となりました。

今回の学習会における組体操に係る議論のポイントとして、

(1)組体操そのものの実施に係る事柄

(2)組体操事故に係る学校や教育委員会、行政の対応

の2つの柱がありました。

(2)については、事故の実際を正確に把握すること、そしてそれらの教訓に再発防止につなげること、組体操が孕む危険性等を多くの方に知らしめ共有化すること、等を阻む好ましからぬ現状(隠蔽体質等との指摘がなされていました)があるとのことで、これは組体操だけに留まらず、学校・教育の現場における様々な課題についても影響する課題だなと感じた次第です。

(1)については、そもそも組体操は学習指導要領に記載が無い種目なんだそうです。

ということは、サッカーや跳び箱など学習指導要領に定められている種目とは異なり、改めて「実施する必要性」と「実施することで生じるリスク」、「講じうるリスク軽減策」を評価、策定したうえで実施の是非を判断すべき種目だといえます。

「○○という教育効果が期待される」ことに対し、実施することで生じるリスクが適切に評価され、そのリスクの軽減策が実現可能性も含めて検討されたうえで、これらが比較考量されて「実施すべき」、「実施するならこのような対策を」、「実施しない」と判断されるものですよね。

ところが、この「実施する必要性」や「実施することで生じるリスク」、「講じうるリスク軽減策」は、十分に論じられているとはいえないのが現状ではないでしょうか。

東京新聞に、「<組み体操 事故なくせ> 義家文科副大臣に聞く」との記事が掲載されていましたが、安全配慮に欠いていたという認識は示されているものの、「危ないのは組み体操だけではない」、「仲のいい子、体力がある子同士で組み、余った生徒たちがペアを組まされることがあり得る。最上段にはバランス感覚がいい人間が上がらないといけない」、「事故が起きているのは組み体操だけでない。柔道、剣道などあらゆるところに規制を出さなければいけなくなり不健全だ」等と、「実施することで生じるリスク」、「講じうるリスク軽減策」を殆ど検証されていないままの現状を理解されていない様子が伺えます。

にも関わらず、「実施する必要性」については「全校生徒が羨望(せんぼう)のまなざし」、「私自身がうるうるきた」と何の指標にも基づかない主観だけの評価で「組み体操はかけがえのない教育活動で、悪いことではない」としています。

庄古氏が講演の中で「競技種目としてやっていけるのでしょうか」と表現されていましたが、組体操を学校教育の場で生徒が取り組む「競技種目」として捉えると、他の物と比して、著しくプリミティブな状況にあるという点に私自身は課題を感じます。

内田氏によると、組体操の危険性を指摘すると、「他の競技でも怪我はする」、「運動に怪我はつきもの」、といった反論があるそうです。

また、庄古氏は知人の整形外科医から「徒競走だって怪我をする。組体操を禁止するなら徒競走も禁止するのか」といった趣旨のことを言われたそうです。

いずれの反論も、程度問題や成熟度などを度外視した反論ですよね。

様々な競技が、リスクを軽減する、事故を防止するためのルールや道具の工夫、導入等を繰りかえしながら安全性を高める努力を重ねて現状に至っているのに対し、組体操はまだまだ程遠いといわざるを得ません。

また、例えばサッカーであれば日本サッカー協会が高温時の試合中の給水を徹底するよう各地のサッカー協会を通じて現場の指導者や保護者に伝達しているように、競技単位としてオーガナイズする主体が組体操には存在しないようです。

この点は内田氏にどこが主体となるべきかを尋ねましたが、やはり「文部科学省」である、と考えられているようでした。

残念ながら、文部科学副大臣が、「実施する必要性」や「実施することで生じるリスク」、「講じうるリスク軽減策」を十分に検討しないまま、自らの主観をよりどころに組体操問題についてインタビューに応えてしまっている現状では、現段階では「文科省」がオーガナイズを担う状況には無いと言えるでしょう。

文科省が担うのか、より現場に近い集団がその役割を担うのか、議論の余地はあるかと思いますが、このような体制やシステムを構築しないまま、組体操の禁止や規制だけで問題解決を図ろうとすれば、第二、第三の組体操が登場するのも時間の問題だと危惧します。

20人21脚、30人31脚といった競技、クラス全員で組む巨大ムカデ競争、競技が置き換わるだけで、「実施する必要性」や「実施することで生じるリスク」、「講じうるリスク軽減策」の検討が不十分なまま、危険な競技種目にが子どもたちが挑まされる状況自体は変わらないからです。

組体操問題は、学習指導要領に記載されていない競技種目が、その必要性や危険性等の検討を十分になされないまま教育の場に持ち込まれている一つの事例です。

その根底にある、「必要性と安全性・危険性、対応策を誰が評価・策定するのか」という課題を解決することが、子どもたちが晒されるリスクを軽減し、事故を防止することに繋がる一歩なのではないかと考えるものです。



2016年2月4日
ムコネットTwinkle Days 命耀ける毎日」に掲載

2016年2月5日
ハフィントンポスト日本版」に転載

量の概念

こんにちは、木曜日担当のPlus Action for Children 高畑です。

暑い日が続いています。暑さにも寒さにも弱い私にとっては、真夏の猛暑とクーラー効き過ぎが交互に襲ってくるこの時期が、もっとも体にしんどい季節です。でも、暑い夏は大好き!という、ちょっと面倒くさい奴でもあります。炎天下、嬉々として外に出ては、「暑い~」と融けそうになり、涼を求めて喫茶店などに入ると「寒い~」と言って、外に出て(以下、ループ)。こんな私に付き合ってくれる家族たちに感謝ですね。

さて、先日、こどもたちに「量の概念」について、話をしました。

「量の概念」というとなんだか小難しそうですが、具体的な事例を用いると、小学生でも十分に理解できます。

なぜ「量の概念」なんてことをこどもたちに話したのかというと、この「量の概念」が大きく揺らいでしまうと適切な選択、判断を成し難くなるからです。

例えば食品添加物。

現在、我が国の食品添加物の使用は基本的に厚生労働大臣が定めたもののみが使用されており、かつその使用量についても明確な基準が設けられています。

この基準は十分に安全性を担保する内容となっていて、一般的には実験動物に一生食べ続けさせても健康に害を及ぼさない最大量(無毒性量)の1/100の量を「ADI」として設定し(この量を毎日食べ続けても健康に害を及ぼさないという一日あたりの接種許容量)、そのADIに対しさらに低い値で使用量の基準を設けています。

実際に私たちが口にする食品からどれ位の食品添加物を摂取しているのかということも調査されており(※マーケットバスケット方式による年齢層別食品添加物の一日摂取量の調査)、結果からは一日あたり摂取量(ADI)に対し1%にも満たないものが殆どであることがわかっています。

その量を毎日食べても健康に害を及ぼさないという食品添加物の一日あたりの摂取量がADIですから、そのさらに1%にも満たない量というと、どれだけ現在の食品添加物が安全性を重視して規制されているかが理解できると思います。

では、ある食品に使用された食品添加物の量が、規制値の10倍だったとします。

ここで、量の概念が身についているか否かで、この事柄についての反応が大きく違ってしまうことがあります。

「基準に反してしまった」という事実よりも、「10倍」という数字(倍率)に驚き、その数字が意味する事実を適切に理解することなく、健康への影響を恐れてしまう、といったケースです。

基準を大幅に超えていることが明らかなのですから、何故そのような状況になったのかという原因究明と再発防止は不可欠です。

そのような観点からは決して看過できない出来事といえます。

一方で、その食品を口にしてしまった、としたらどうでしょうか。

例え基準の10倍だとしても、毎日摂取し続けても害を及ぼさないADIを超える数値には到底及ばず、健康への影響を心配する必要性は極めて低い(というか、心配しなくても良い)と思われます。

にも関わらず、「やばい」「大変だ」と反応してしまうことって、案外珍しく無いんですよね(私もそういうときがあります)。

量の概念が欠如している場合は、リスク等の見積もりが往々にして不正確になりがちです。

そのため、本来は無視しても良い程度のリスク(リスクという表現自体が不適切かも知れませんね)を避けることを優先し、本当に避けるべきリスクを避けそこなったり、不必要に新たなリスクを抱え込んだり、ということにもなりかねません。

こどもたちには、「○○倍」とかいう時は、そのもとになる数字もちゃんとみておくんだよ、と話しました。

1gが2gになっても倍、1kgが2kgになっても倍、500kgが1tになっても倍、だけどそれぞれ違いは、1gと1kgと500kgです。

運搬する荷物の重量なら、1gは無視しても良いですし、1kgは頑張れば対応できますが、500kgは無視できませんし頑張りだけでは対応できません。

「2倍」だけでは、その差を正確に把握することはできないんだよ、と。

単位と桁も大切だ、ということも話しました。

1kgと1000gなら同じだけど、単位の前につく数字は1000倍違います。

また、億と兆では1万倍違うのですが、個人のお金の感覚からするとどちらも「大金」なんですよね(違いとしては1万円と1円の違いと同じなんですけど)。

こどもたちに上手く伝えられたのか、理解を促せたのかは定かではありませんが、これからも折に触れ意識付けしていきたいと思っています。



2015年8月6日
ムコネットTwinkle Days 命耀ける毎日」に掲載

2015年8月6日
ハフィントンポスト日本版」に転載

妊婦さんとTORCH症候群

こんにちは、木曜日担当のPlus Action for Children 高畑です。

「リンゴ病」が流行している、と報じられています。

「リンゴ病」患者報告数、6週連続増-最多の東京、一部地域で警報値超過(医療介護CBニュース )

リンゴ病は「伝染性紅斑」という疾患の別称で、パルボウイルスB19が原因とされています。

■伝染性紅斑(IDWR:感染症の話)

小児期が中心の疾病ですが、成人でも罹患することがあるそうです。

注意しなければならないのが妊婦さんです。

妊娠初期の妊婦さんが罹患した場合、風しんと同様に胎児に影響を及ぼす恐れがあります。

ワクチンで予防できる疾病では無いため、風しん等のように予防接種で防ぐというわけにはいかないので、流行している時期に流行している場所を避けるなどの対処しかないのですが…。

それでも、どのような疾病なのかを知っておくことで、罹らないように工夫することもできますし、罹患する確率を避けることもできます。

妊婦さん本人だけではなく、周囲の人たち、つまりは社会全体でこの感染症についての知識を身につけておくことが必要です。

妊娠中に気をつけるべき感染症として、

「TORCH症候群」

というものがあります。

■TORCH症候群とは?(先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」)

麻疹や風疹、B型肝炎等のワクチンで防ぐことができる疾病(VPD:Vaccine Preventable Diseases)もあれば、伝染性紅斑(リンゴ病)やトキソプラズマ感染症、サイトメガロウイルス感染症等のワクチンでは防ぐことができない疾病もあります。

ワクチンで防げる疾病であれば予防接種で防ぐという非常に有効な予防策があるのですが、そうではない疾病はそれ以外の工夫で感染リスクを下げるしかありません。

そういった意味では、VPD以上にその疾病についてその原因や感染ルートなど、その感染症そのものについてよく知っておくことが大切といえるかも知れません。

例えばトキソプラズマであれば、特殊な環境ではなく肉や猫の糞、公園の砂場など土の中に当たり前にいる原虫であることを知り、肉は十分に火を通すことや猫を飼っているならできるだけ室内飼いにしたりトイレの清掃をこまめに行ったり(妊婦さんじゃなく旦那さんが掃除するとか)するなどの工夫だけでも、感染リスクを下げることができます。

今回、伝染性紅斑(リンゴ病)の流行がニュースで報じられたように、以前よりもこうした感染症に係る報道が増えているように感じます。

とてもありがたいことです。

そして、こうした疾病についての情報発信も増えています。

特にこうした疾病に罹患した苦い経験を持つ患者会の方々が発信する情報は、これら疾病のプロフィール以上の貴重な経験を伝えてくれます。

先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」

風疹をなくそうの会『hand in hand 』

こうした情報からこれらの感染症についての知識を得て、妊婦さんと子どもたちを感染症から守りたいものです。

Plus Action for Childrenは、趣旨に賛同いただいた皆様からの賛助会費並びにご寄付を主な収入源として活動しております。

活動の趣旨に御賛同いただける皆様からの御寄付、賛助会員登録をお願いいたします。

入会をご希望される方は、必要事項(氏名、振り仮名、住所、電話番号、メールアドレス)を記載したメールを送信の上、下記の口座まで会費をお振込みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【会費口座・寄付口座】

みずほ銀行 千葉支店 普通口座 1993357

一般社団法人 Plus Action for Children( シャ)PLUS ACTION FOR CHILDREN )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2015年4月16日
ムコネットTwinkle Days 命耀ける毎日」に掲載

2015年4月16日
ハフィントンポスト日本版」に転載

リビングで学習

こんにちは、木曜日担当のPlus Action for Children 高畑です。

我が家の子どもたちは、自分の学習机ではなく、なぜかリビングのダイニングテーブルで学校の宿題などに取り組むことが多いんです。

私自身は誰か他に人がいると気が散ってしまうので、自分の部屋で勉強していました。

図書館での学習というのも苦手で、予備校の夏期講習なども「自分には合わなさそう」という理由で一度も受講したことはありません。

なので当初は、「リビングで勉強していたら集中できないんじゃないかな」なんて思っていたのですが、子どもたちの様子を見ていると、意外と集中して勉強しているようなので「まあ、いっかぁ」と容認していました。

最近では、むしろ「リビングで勉強するのもよいものだなぁ」と思うようになってきました。

ちょっとわからないことがあって、考えても糸口がつかめないようなときに、「ちょっとこれ教えて」と親にすぐに聞くことができるんですね。

で、「どれどれ」と覗いてみて、解決のヒントを示してみます。

そして、「そうか、●●を出せれば、面積も出せるから...」と先に進めたりします。

英語などでも、「この●●っていう単語は、文のここにあるときは通常とは別の役割があってね」とかヒントを出したり。

これを親子間だけではなく、兄弟間でも展開することもあるので、「勉強部屋にこもっていたら、こうはいかないよなぁ」と思い直した次第でした。

そんなこんなですっかり定着したリビング学習ですが、副産物として「辞書」と「パソコン」がリビングに鎮座するようになりました。

ただでさえ狭いリビングなんですが、益々ごちゃごちゃしてきました。

というのも、ヒントで解決の糸口を見出したら、あとは「自分で調べる」ことを求めているからです。

自ら辞書をひく、原典にあたる、という作業は、時間はかかりますけど、ピンポイントで回答だけを得た場合に比べて得られる情報は多くなりますし、「調べる」というスキルそのものを高めることも期待できます。

リスクとしては、ノートパソコンが汁物によって汚されてしまうリスクが極めて高くなることですね(^^;

リビングで子どもたちが学習し、その様子を眺めたり質問に対応したりしていると、彼らの試験での結果に至る過程や、その結果に至った理由などが以前よりも良くわかるようになってきました。

もしかしたら、これが最大の副産物かも知れません。

結果だけではなく、過程を知ることって、有意義ですよね。

そんなこんなで、まもなく春休みを迎えるうちの息子たちが、リビングで過ごす時間は益々増えそうです。

一番、影響を受けているのは、賑やかな子どもたちに安眠を邪魔される7匹の猫たちかも。



2015年3月19日
ムコネットTwinkle Days 命耀ける毎日」に掲載

2015年3月19日
ハフィントンポスト日本版」に転載

伝えていくということの大切さ

こんにちは、木曜日担当のPlus Action for Children 高畑です。

もうすぐ3月11日を迎えます。

東日本大震災から、丸4年。

多くの方々が、まだその当時の多くの出来事を鮮明に記憶しているのではないでしょうか。

当時、幼稚園児と小学生であった息子たちも、まだ当時のことをはっきりと覚えているそうです。

一方、阪神・淡路大震災からは20年が経過し、当時を知らない世代も増えてきて、また記憶も徐々に薄れつつあることが指摘されています。

私自身は成人していたこともあり、横倒しとなった高速道路の高架や、神戸の市街地から上がる黒煙、横倒しとなったビルなど、未だに鮮明に思い出すことができますが、震災後に生まれてきた息子たちは、「たまにテレビで観る遠い過去の出来事」と思っているようです。

私は1971年の生まれですから、息子たちにとっての阪神・淡路大震災がそうであるように、関東大震災などは、たまに報道で目にしたり、大人から話を聞いたり、学校の社会科の授業などで触れる位で、「遠い過去の出来事」と感じていました。

「ああ、そういうことがあったんだな」という印象にとどまり、自らの身にも起こりうる、当事者となりうるとは想像できませんでした。

そして、漠然と根拠無く「当時と今は違う。科学も工学も発達し、当時と同じような被害は被らないのではないか」と思い込んでいたような気がします。

私の父は、独身時代にチリ地震による三陸津波を経験しています。教師として岩手県沿岸部の都市に赴任していたのだそうです。

津波が来たときには海のそばにいて、あわてて高台に逃れて九死に一生を得た、としばしば話してくれました。

「津波っていうのは、普通の波とは全然違うんだ。津波から走って逃げられるなんて思うなよ。津波が来ると思って、海岸から遠く、高いところに逃げるんだ」と、最後はいつも注意を促していました。

東日本大震災では、津波による甚大な被害が生じました。

チリ地震による三陸津波の経験を活かせた部分も、残念ながら活かせなかった部分もあったと思います。

私自身が、震災時に被災地に居たらどのような行動をとったのか、考えても答えはでてきません。

父の世代から伝えられた教訓を活かせたのか、はたまた活かすことができなかったのか。

教訓を活かすことができるかどうか、ということはとても大切です。

そしてその前提として、「次世代に伝え続けること」が必須です。

私たちは、過去の苦い経験を次世代に繰り返させないためにも、教訓を活かしてもらうためにも、伝え続けなければならないのだと思います。

予防接種と感染症の歴史においても言えることであり、ワクチンの開発と予防接種制度の充実により、過去に人類を苦しめた感染症のいくつかが日常的にはあまり目にすることが無いほどに排除されています(天然痘は撲滅されました)が、そのことが結果としてその感染症の怖さを知らない、という状態につながっています。

年配の方々からは、「夏休みがあけると、登校してこないクラスメートがいるんだよね。何故だと思う? 日本脳炎に罹って命をおとしたからなんだよ」という話を聞く機会があります。

また、麻しん(はしか)で幼い兄弟を亡くした、という辛い経験をお話ししていただくこともあります。

私にとって、日本脳炎は知人で罹患した人が居ない疾病ですし、麻しんも、命を落とすほどの疾病だという印象は実感としてはありません。

しかし、衛生環境の改善や医療・予防接種の充実などでこれらの感染症が排除されつつある恩恵を受けているだけであり、これらの感染症による脅威は、依然として私たちの身近にあるのです。

私たちはどうしても、直接的に目にしたもの、経験したものは強く印象に残るものの、そうではないものについては、ついつい忘れがちであったりします。

これは人間という生物の性質上、避けられない現象なのでしょうが、だからこそ、繰り返してはいけない苦い経験・体験を、次世代に伝え続け、意識の中に置きつづけて教訓としていかせるようにしていかなければならないのだと思います。

子どもの頃に大人たちに聞かされた戦争の話、震災などのこと、当時の私は「つまんない話しだなぁ」なんて、今思えばとても不謹慎なのですが、感じていました。

しかし、大人となった今では、それらの話から得られた事柄がとてもとても大切なことだったのだと、実感したりしています。

子どもたちにとっては、辛く暗い過去の話はあまり面白くないものでしょう。

けれども、自分自身がそうであるように、彼らが生きていく未来において、それらの教訓が活かされる場面がやってくるかもしれません。

毎年この季節になると、改めて「伝えていくことの大切さ」を再確認させられます。

私も息子たちに、「つまらないなぁ」と思われても良いので、伝えていきたいと思います。



2015年3月5日
ムコネットTwinkle Days 命耀ける毎日」に掲載

2015年3月5日
ハフィントンポスト日本版」に転載
プロフィール

+afc

Author:+afc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Donation(寄付)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR